こんばちわ、コニです(´∀`)

なんだか、PVもUUも安定しているのですけど、なんせピアス関連です。
当記事には直接的な画像等は、ございませんが痛み、出血、身体改造の表現等がございます。
痛み、出血、身体改造、ピアスに対して不快と思われる方は閲覧をご遠慮ください。
当ブログは一個人の主観で書かれた内容がありますので十分にご理解の上で
閲覧ください。よろしくお願いします。

拡張の方法、ピアスの付け方は下部にあります↓↓





キャプチャ

【そこで、検索ワードに向けて、ひとつ更新です】

季節柄、春も近し、進学なんかで新しい自分でデビューしたいキモチですね♪

たぶんそんなことから、ピアスの拡張、そして検索ワードには「ゲージアップ」「やり方」

「入らない」というものがありました。

具体的な方法を探しまわっていることでしょう。今回は軽く方法をおさらいです。

耳たぶ、イヤーロブ向けの基本事項ですので予めご理解ください。


ゲージアップについては、クラコニ❤ボディピアス【拡張編】初心者向け♪

紹介していますが、まず無理しすぎないことです。

一度にできるゲージアップの限界は2サイズです。4mmくらいね。それ以上にいきなり大きくした場合は

ピアスニードルで肉自体をくり抜きなさい。ということです。

可能ですが、そんな推奨できないですし、なによりそこまで耳たぶが大きいかってこと。

それは拡張というか、より身体改造に近いほうですね。

さて、本題。ゲージアップ、拡張のしかたです!簡易的ですが、行きましょう

①インサーションピンを使おう

_SX300_
こんなやつ。円錐形の拡張期です。ものによって、それ自体もピアスに使えたりします。

ゲージが小さいうちは、円錐の底のほうに凹みがあってそこにこれから装着するピアスを

あてがってホールに挿入します。ある程度のんびりしながら回しながらグニグニ突っ込んでいけば

結構皮膚が伸びて入っていきます。拡張ってね、そんな10秒~20秒でできるもんじゃないんでね

テレビみながらでものんびりやったほうがいいですよ。20分とか一時間とか。

当然、軟膏をとっぷり塗ってくださいね。炎症は起こすと思うし、皮膚がしっかり伸びて無いときに

無理に負荷をかけると出血もしますよ。

アナに突っ込んで、ちょっと痛いかなってところまでいったらそこでキープ。そうやって

ホールの皮膚を慣らしてあげましょう。必ず、拡がります。


②シリコンピアスを使おう

b-and-g-silver_flesh-silicone-blk22

こんなやつ。シリコンは柔らかいです。くっと指で潰して折りたたみます。

どんなやり方でもいいのだろうけど、自分はこうしていた。

たたんで小さくした状態でホールに挿入してパコッと広げます。ホールの中で

ツッパている感じにキツキツになりますね。でも、2サイズ程度ならそんなに違和感ないかも

ちょっと歪むくらいで。これ、ここまでいけたらあとはテレビでもみて時間をマチます。

皮膚が馴染んで伸びてくれればしっかりとシリコンも形が丸くなって収まっているはずです。

あまりキツキツだと時間がかかったりします。耳たぶ自体が薄い人は、挿入したシリコンピアスが

ポロっと飛びててしまう
時があります。それを防止するために、ホールトゥピアスで

BCRとかを付けておきましょう。
シリコンがどっかいったらショックなので。

これは地道だけど王道なゲージアップの方法。確かに拡張できます。


③編み棒を使おう

12241249_52b90447cad6b

こんなやつ。「棒針」や「あみ棒」という名称で手芸店にあります。

まるでインサーションピンです。すごい攻撃的にみえます。もともとは毛糸で編み物するときの

やつらしい。

名称は、「クロバー ニューカラー ミニ棒針 ジャンボ」

これ、30mmまであるみたいです。確認しました。それ以上は探してみてください。

インサーションピンの30mmって3,000円くらいするんですけど、

この編み棒なら、1,480円くらい!!安い!!身体に悪い!

推奨はしていませんが、インサーションピンと同じ要領で広げていけば

この編み棒でも確実に、拡張できます。

ピアスに付け替えるのが大変かもしれないけど、そこは頑張ってください。



以上、そんな感じです。コツはオ□ナイン軟膏をたくさん塗っておくこと、

拡張器は清潔に、煮沸消毒や、エタノール消毒しておくこと。

手指も清潔にすること。膿んでしまうので、汚れた手や場所ではあまり弄らないこと。

ゆっくりのんびりやればのびのびになります。焦っても皮膚は伸びてくれないので

そこだけしっかりやれば大丈夫です。

ちなみに、拡張したあとピアスがうまく入らない、という場合。

まず、ちゃんと拡張できているのか。ということ

無理にねじ込んでも、ホールが小さいとピアスのフチで皮膚を傷つけて切ってしまい

血だらけになります。これやると、拡張ストップ。痛いので。

ピアスの片方を入れて、残りの部分をグッといれるのがセオリーなんですけど

これは判断が難しい物で、コレイケる!!とおもったら行ってしまったほうがいいし

これ明らかに無理だorzって時はやめたほうがいいです。

拡張して完全に拡がってくれたら驚くほどスムーズにそのサイズのピアスが

入るようになります。そのなのとおり、ホールがしっかり大きくなって、皮膚が完成して

また皮膚が伸びる余地ができているのです


筆者はミチミチっていう音がするくらい伸ばして入れたこともありますが

とりあえず入りさえすればいいので、出血しても入れきるということも

ある意味大切です。自己責任ですけどね!!

たとえばフレッシュトンネルとかだと、キャッチをハメるネジの部分

これがでさえすれば、キャッチはめて閉じちゃえばいいわけです。

あとから消毒したり軟膏塗ったりして治癒させればいいので。

ただ。無理しすぎると、出血と共に炎症を起こしてホール付近が腫れ上がります。

これどういう影響がでるかというと、腫れてしまって、せっかくはめたピアスの

キャッチをとめるネジの部分が届かないんです、貫通しない。あっちがわまで

いかない。

これは面倒です。がんばって腫れたところを抑えてハメるか、諦めるかです。

ピアス自体が長さが短いものもあるので、拡張後の最初のピアスには

ちょっと長めのものを選んでおくといいかもしれないですね


潔く諦めるのも、グッと無理しちゃうのも、何もかもが拡張の楽しみです。

小さくともれっきとした身体改造だと思いますので、痛みもまた楽しむものです。


そんな感じでしょうか。

ピアスの付け方をもっとまとめてみようかなと思いますね。わからないですが。

痛みに負けルナ!ということで、春の新生活にむけて心機一転、拡張祭り!

くれぐれも無理はしないように~

それは、よいピアスライフを!!

基本は耳たぶ(イヤーロブ)に開ける事を想定しています
ピアス拡張編のために拡張が可能なロブを想定しています
ピアス、タトゥー等は全て自己責任で施術してください、
トラブル回避の為にも不安な時はプロのピアッサー、彫師さんにお世話になりましょう
異常が現れた場合は病院へ
当ブログは個人的感想を元にまとめてあります、
医学的根拠に沿わない場合もあります、トラブルは早めに病院へ
出血した皮膚の画像を掲載する場合があります。
当ブログは全て個人的な意見を掲載しております。個人差もございますので
予めご了承の上閲覧お願いします。
当ブログはアフィリエイトを目的としていません。リンク先は参考となるものを貼り付けております
当ブログはピアス、タトゥーの施術トラブル、拡張に伴う身体への影響、その他身体、精神に対する
影響の一切に対して責任を負いかねます



/コニ